りんご7976の丸かじりで歯茎から血が出ても大丈夫なのだろうか?

りんごは小さくカットしてから食べるのも美味しいですが、丸々1個を洗ってそのままかじるという食べ方もあります。 ときどきりんごを丸かじりすると歯茎から血が出ることがあり、これは大丈夫なのだろうか疑問に思うことあります。 特に日常生活に支障があるわけではありませんし、いつも歯茎から血が出るわけではありません。 りんごそのものが歯茎を傷つけているというわけでもないと思います。 またりんごに含まれるりんご酸が含まれた歯磨き粉も存在するように、歯に良いという意見も聞きます。 りんご酸は口の中を酸性にするものですが、通常の歯磨きを行っていれば虫歯の原因になるようなものでもありません。 歯茎にとってりんごは、軽度の歯周病の存在を知らせてくれているのです。 歯と歯肉の境目の部分には歯垢が蓄積しやすい傾向にあります。 毎日欠かさず食後の歯磨きを行っていたとしても、磨きが不十分な場所が出てきてしまいます。 歯垢の中には多くの細菌がいます。 それが糖分を栄養として酸を発生しその酸が歯を溶かして虫歯を作ります。 また細菌によって歯肉が炎症を起こし、りんごを丸かじりしたときに歯茎から血が出ることがあります。 日常の歯磨きによって口の中を清潔に保つことは大事なことですが、どうしても盲点となる部分ができてしまいます。 定期的に歯医者さんに行って見てもらうのが歯や歯茎の健康には有効です。

栄養豊富な果物であるりんご7976が日本に広まったのはいつか

日本に初めてりんごが栽培されたのは平安時代でその頃のりんごは今のりんごとは違い小さく酸味の強い和りんごというものでした。現在よく食べられているりんごは、西洋りんごといって明治時代にアメリカから苗木を持ち帰り北海道で栽培が始まったものです。その後日本各地の気候に合わせ品種改良され多くの品種が生まれています。カリウムや食物繊維など栄養価の高いりんごはポリフェノールも豊富で老化防止や抗酸化作用もあり身体に良い果物です。