りんご7976を冷凍保存すると栄養はどうなるの?

りんごがたくさん送られてきて食べれなかったり、少し買いすぎて余ってしまった・・・などなど、それ以降のりんごの処理の仕方には困りますよね。でも、捨ててしまうのはもったいないです。しかし、冷凍保存しても大丈夫なのかは分からない。そんな方にりんごを冷凍保存する際のメリットと冷凍保存をする際に注意しておくことを説明していきたいと思います。 冷凍保存をすることのメリットとしては保存期間を長くすることが出来る点です。ものによって多少の変動はありますが、常温で保存してもおよそ1カ月ほどは保存をすることが可能です。冷凍保存であれば倍の2カ月程度は保存が可能になります。十分保存することが可能なので、期間が短くなってしまいますが、切り分けておくことで冷凍庫のスペースも確保でき、すぐに食べることが出来ます。 しかし、りんごに含まれている水分が時間が経つほど出てしまいます。その中に含まれている水溶性食物繊維のペクチンは腸内環境を整える効果がありますが、これが流れ出てしまうことに注意してください。栄養が気になる方は冷凍したりんごをミキサーでシェイクすることによってスムージーを作れます。スムージーはりんごを余すことなく使用出来るので栄養が流れ出ず、特におすすめです。

りんご7976は丸かじりの食べきりがベストな理由

「りんごを普段どのように食べていますか」と問われると、デザートしてとかお弁当の彩りにとか、りんごの活躍ぶりが聞こえてきそうです。じゃありんごの栄養分を逃さず食べる方法は何かと問われるとどうでしょう。 りんごは「1日1個のりんごで医者しらず」と言われるほど栄養価が高く、健康に良いとされています。その栄養をしっかり取り込む為にはりんごの実も皮も食べると良いのです。しかも丸ごとかじりつくと包丁で切った断面からの酸化を防ぐことができるので食べ方としてはベストですね。